風俗営業の種類の詳細

風俗営業を行う場合には、公安委員会の許可が必要になります。

多くの方は風俗営業とは性風俗というイメージを持たれるのではないでしょうか?

性風俗関係の営業のことを法律では、「性風俗特殊営業」になります。

風俗営業とは

スナック、キャバクラ、バー、クラブ、キャバレー、ダンスホール、バー、

麻雀店、ゲームセンターや麻雀店などになります。

1号営業~6号営業を『接待飲食等営業』

7号営業と8号営業を『遊技場営業』と区別します。

『接待飲食等営業』を表にまとめると以下になります。

接待飲食等営業

内容
客にダンスさせる 客に接待行為をする 客に飲食させる
1号営業 

キャバレー等

2号営業 

料理店、カフェー

キャバクラ、ホストクラブ、スナック等

(社交飲食店)

×
3号営業 

ナイトクラブ、ディスコ等

×
4号営業 

ダンスホール等

× ×
5号営業 

低照度飲食店、カップル喫茶 等

× ×
6号営業 

区画席飲食店、連れ込み喫茶 等

× ×

遊技場営業

7号 パチンコ屋、パチスロ屋、雀荘、麻雀屋 等
8号 ゲームセンター 等